一生懸命勉強しているのにTOEICが伸びない?原因と対策4つを紹介

English

こんにちは、Marcosです。

  • 一生懸命勉強しているのに、TOEICの点数が伸びない
  • 勉強時間が足りずスコアが上がらない
  • TOEICのスコアを上げるために何か解決策はないの?

こんな悩みを解決できる記事になっいます。

なぜなら、私はあなたと全く同じ悩みを抱えながらも、最終的にTOEIC955点を獲得できたからです。

ここでは「TOEICのスコアが伸びない原因と解決策」具体的に解決します。

読み終えると「TOEICのスコアが伸びない原因」で悩む事は一切なくなり、TOEICのスコアを伸ばすために何をすべきか明確になります

TOEICのスコアが伸びないパターン5つ

TOEICのスコアを伸ばす前に確認しておくべきことは「TOEICのスコアが伸びないパターンは5つある」ということです。

  1. 基礎が出来ていない
  2. 勉強時間が足りない
  3. モチベーションがない
  4. やり方が間違っている
  5. TOEICに慣れていない

1つ1つ深掘りしていきます。

1:基礎が出来ていない

なぜなら、基礎が出来ていない人が高得点を取るのはほぼ不可能だからです。

ドラゴンボールに例えると、舞空術で空を飛ぶことが出来ないのにスーパーサイヤ人4を目指すようなものです。

悟空も舞空術はもちろん、様々な基礎訓練や実践を経験してきたからこそ、最終的にスーパサイヤ人4になることが出来ました。

なので、何事にも共通することですが、まず「基礎」を完成させる必要があります

2:勉強時間が足りない

スコアが伸びない人は、そもそも勉強時間が足りてない可能性があります。

スコアを伸ばすためには、必ず勉強時間を確保する必要があります。

なぜなら、英語の上達には絶対に時間がかか流からです。

少なくとも1、2年は勉強を継続していく必要があります。

例えば、

「TOEIC900点以上を取りたい」

これを初心者の方が1ヶ月で達成するのは不可能だというのは明らかですよね。

なので、まず伸びないという前に「自分はしっかり勉強時間が取れているか」を再確認しましょう。

「でも、忙しくて勉強時間なんてそう簡単に作れないよ」という方は、後ほど「具体的な時間の作り方」を解説していきますので、ご安心ください。

3:モチベーションがない

英語学習に対する十分なモチベーションがないからTOEICが伸びないのかもしれません。

継続するためにも、圧倒的なモチベーションがないと途中で挫折してしまいます。

それは、英語圏で働きたいとか、ただ単に英語が大好きという感情でもいいでしょう。

しかし、ただなんとなく英語が出来たらいいなくらいな気持ちだったらあまり期待出来ないでしょう。

よく英語は楽しくないと身につかないと言われていて、楽しさはモチベーション維持につながるのでどんどん成長できると思います。

ただ、楽しいだけで終わらないようにしましょう。

上達するから「楽しい」んです。

4:やり方が間違っている

そもそも正しいやり方で勉強していない可能性があります。

このやり方が一番大事です。

なぜなら、どれだけモチベーション高く、たくさん時間をかけても、やり方が間違っていたら、成果は出ないどころか、逆効果になってしまうからです。

例えば、ダイエットで明日までに10キロ痩せるのはほぼ不可能で、ある程度時間はかかります。

そのためのモチベーションも必要です。

そして何よりダイエット方法が間違っていたら、10キロなんて絶対に痩せません。

英語学習もこれと同じなんです。

私たちは中高で最低6年間英語を勉強してきたのにもかかわらず、高校卒業時に英語を話せるような人はほとんどいません。

逆に、「時間の確保」「高いモチベーション」「正しいやり方」さえ揃えば英語は必ず上達します。

なのでこの「やり方」が1番大事なんです。

5:TOEICに慣れていない

TOEICで高得点を取るにはテストに慣れる必要があります。

なぜなら、TOEICには受験勉強とは違い、独特の要素があるからです。

例えば、きっちりとした時間配分や解く際のテクニック、TOEIC頻出の単語などが挙げられます。

これらを知らないとTOEICで高得点を取ることは難しいでしょう。

モンハンで言ったら、モンスターの特徴、技、倒し方、フィールドの地図などを知らずに狩りに行くようなものです。

勝つ確率は低くなってしまいますよね。

なので、TOIECにおいてもテストに慣れていることは非常に大事です。

TOEICのスコアアップのためにやるべき事4つ

上記の5つをやってしまっている方は、『TOEICが伸びない可能性』が高いです。

そのため以下では「TOEICのスコアアップのためにやるべき事4つ」を紹介します。

1:高校文法までを習得する

まずは高校文法までを習得しましょう。

基礎を完成させる方法を2ステップでご紹介します。初心者の基礎が出来ていない方でもこの2ステップで基礎を完成させることができます。

  • 基礎を完成させる方法
  1. 中学文法・単語を終わらせる
  2. 高校文法・単語を終わらせる

「中学高校の単語・文法を終わらせるのはわかったけど、どんな教材をやればいいの?」

と疑問に思った方は、以下の記事を参考にしてみてください!

2:毎日2時間は勉強する

1日最低2時間は勉強しましょう。

なぜなら、人生は短いからです。あなたがビジネスマンとしてTOEICを活用できる期間は限られています。

なのでTOEICで結果を出すのは早ければ早いほうがいいに決まっています。

どういうことかと言うと、仮にTOEIC900点を取るのに1000時間かかるとします。

あなたがもし1日2時間勉強すれば1000時間学習するのに約1年半かかります。

しかし、1日20分なら、約8年かかってしまいます。

この6年半の差はとんでもない機会損失を生み出してしまいますね。

なので、最低1日2時間の勉強を心がけましょう。

「でも、忙しくて勉強時間なんてそう簡単に作れないよ」という方のために、1日2時間を作る方法を3ステップで紹介します。

1日2時間を生み出す時間術

  • ゼロベースで予定を考える
  • 寝る時間を固定する
  • スキマ時間に頼らない

ゼロベースで予定を考える

まず予定をゼロベースで考えることが大切です。

なぜなら、多くの人は既存のスケジュールをベースに考えてしまっているからです。

今までなかった2時間をそのまま自分の予定にねじ込むため、無理がきます。

そこで、24時間のすべての時間の使い方を見直すことをお勧めします。

例えば、1日で占める割合が大きい仕事やバイト、学校において、効率化できるか考えるべきです。

・仕事でもっと効率を上げることはできないか?

・バイトで1~2時間シフトを削れないか?

・大学で意味のない授業中に勉強できないか?

このように自分の効率性や、バイト時間や授業を固定の物と考えずにゼロベースで考えましょう。

起きる時間ではなく寝る時間を固定する

ゼロベースで予定を組むと朝はやく起きての勉強が現実的になってきます。

そして朝早く起きるためには起きる時間ではなく、寝る時間を決める事をオススメします。

なぜなら、睡眠を十分に取ることができ、寝坊を避けれるからです。

例えば、睡眠時間が6時間必要なら、「5時に起きる」ではなく、「23時に寝る」と決めるのです。

こうすることで、必要な睡眠時間を確保し寝坊を避けつつ、英語学習に集中できます。

スキマ時間に頼らない

TOEICを伸ばしてければスキマ時間に頼って勉強するのはやめましょう。

なぜなら、スキマ時間の勉強だけで高得点が取れるほどTOEICは簡単なものではないからです。

ドラゴンボールに例えると、悟空がフリーザを倒そうとした時に、スキマ時間の特訓だけで倒そうとしていたでしょうか?

当然そんなはずはありません。

特訓の時間を一定の時間とっていましたね。

スキマ時間の特訓で倒せるほどフリーザは甘くありません。

英語学習も同じです。

とはいえ、スキマ時間の勉強は無駄ではありません。

一定時間の勉強を前提として、プラスアルファとして捉えましょう。

3:英語学習の目的を明確にする

英語学習の目的をはっきりさせましょう。

なぜなら、目的なくして手段は選べないからです。

例えば、山に行きたいのに、水着と浮き輪持っていかないですよね?

山登りに必要な、服、靴、食料などを持っていくはずです。

英語学習も全く一緒です。

海外で働きたいというのが目的だったら、海外の大学に行くのが手段だし、

日本で英語を使って仕事をするのが目的だったら、TOEICで900点以上取ってチャンスを得るという手段があります。

ぜひ自分の英語学習の目的を見つけましょう!

4:TOEIC用の勉強をする

TOEICに慣れるためにやることは大きく2つあります。

1:公式問題集

2:金のフレーズ

公式問題集は本番と同じクオリティで作られているのでTOEICに慣れるのにはもってこいです。

金のフレーズはTOEIC頻出の単語ばかりで構成されているのでこの1冊だけやっておけば問題ないです。

結論最低限この2冊をやり込めばある程度の高得点は見込めるはずです。

以下ではレベル別での勉強方法を紹介します。

勉強法をレベル別に解説

ここでは実際に私の経験を基にしたTOEICの勉強法をレベル別に紹介します。

600点を目指す

【初心者向け】TOEIC600点を取るための勉強法を解説します

700点を目指す方

【中級者向け】TOEIC700点を取るための勉強法を解説します

800点を目指す

【上級者向け】TOEIC800点を取るための勉強法を解説します

900点を目指す

【超上級者向け】TOEIC900点を取るための勉強法を解説します

まとめ:TOEICは簡単に伸びる!

TOEICの点数が伸びない原因は以下の5つができていない可能性が高いです。

1:基礎が出来ていない

2:勉強時間が足りない

3:モチベーションがない

4:やり方が間違っている

5:TOEICに慣れていない


本記事で紹介した『TOEICのスコアアップのためにやるべき事4つ』を実践していただくと、TOEICスコアを伸ばすことができます。

  1. 高校文法までを習得する
  2. 毎日2時間は勉強する
  3. 英語学習の目的を明確にする
  4. TOEIC用の勉強をする

以上を抑えれば確実にTOIECのスコアを伸ばしていくことができます。