たった1記事でTOEIC955点の僕が英語学習において最も大切なこと2つ教えます。【英語初心者必見】

English
  • 初心者でも簡単に英語が身につく方法ってある?
  • 英語の学習を始めたけど、英語学習において大切なことって何?

以上の疑問を解決できる記事になっています。

なぜなら私自身これから紹介する「英語学習において最も大切なこと2つ」を意識し、英語学習を継続した結果、英語初心者からTOEIC955点を獲得するレベルにまで到達できたからです。

記事前半では「英語学習初心者によくある勘違い3選」を解説し、記事後半では「英語学習において最も大切なこと2つ」を解説します。

この記事を読み終えると、英語学習の本質が理解できるので、今後の英語学習を効率よく進めていくことができるでしょう。

英語学習初心者によくある勘違い3選

結論から言うと、誰でも簡単に魔法のように英語を身につけれられる方法は存在しません。

ただ英語学習を始めたばかりの方は「1ヶ月で英語がペラペラに」「聞き流すだけで英語が喋れるようになる」といった甘い誘惑に流されがちです。

英語を習得するにはそれなりの長い時間がかかります。

そういった間違った情報に流されないためにも、まず「英語学習初心者によくある勘違い3選」をご紹介します。

 

英語学習初心者によくある勘違い3選

・幼少期から英語始めれば簡単に身につく

・英語をたくさん聴けば話せるようになる

・海外留学すれば話せるようになる

・幼少期から英語始めれば簡単に身につく

多くの人は「早く英語を学び始めれば、高度な英語力を身につけれられる」と考えています。

なぜなら私たちが日本語を難なく習得したように、それを英語に当てはめて「幼少期から始めれば、容易に習得可能」と思っているからですね。

しかし、子供が大人より簡単に英語が習得できるとは一概には言えません。

理由は2つあります。

1つ目は、日本のような英語が日常的に使われない環境で、英語学習を幼少期に始める明確なメリットは特にないからです。

例えば、日本と同じく英語が使われていないスペインで、8歳、11歳、14歳という英語学習の開始時期の違いが、どのくらい英語力に影響を与えるのかを調べた研究があります。

結果的には、より英語学習を遅く始めた生徒の方が、様々な英語能力の面でいい成績を収めていました。

2つ目は、早く英語学習を始めたとしても、英語力を身に付けるためには相当な学習時間が必要だからです。

幼少期の英語学習のメリットを得るためには、幼少期に1500~2000時間の学習時間が必要ということが、日本の研究で報告されています。

1日2時間勉強すると仮定しても、英語を習得するためには2年〜3年の間毎日学習を続ける必要があるということです。

なので幼稚園生の時に英語学習を始めたとしても、週1回の英会話教室だけであれば早期学習は意味のないものになってしまう可能性が高いのです。

・英語をたくさん聴けば話せるようになる

結論から言うと、大人がただ英語をたくさん聴いても話せるようにはなりません。

なぜなら英語を喋れるようになるためには、英語を話す練習をしなければいけないからです。

子供の場合は大体4~5歳には母語の基本的な会話能力が出来上がっています。なので多くの人は子供は簡単に言語を習得しているように感じてしまうため、大人も同じように英語を聴いていればそのうち喋れるようになるという幻想が生まれたのでしょう。

しかし子供は母語を習得するまでの間、大量のインプットをしているのと同時に、たくさんの試行錯誤を繰り返しながら少しずつ言葉を自分のものにしています。

最初から完璧な言葉を話す子供はいません。

このプロセスを考えると、大人も喋ることはせず、ただ英語を聞き流しているだけでは英語を習得することは難しいと言えます。

・海外留学すれば話せるようになる

留学すれば英語が話せるようになるというのは、半分ホントで、半分ウソです。

なぜなら留学前の準備、留学中の過ごし方で英語力の伸びが変わってくるからです。

英語が伸びるパターンは、事前学習によりある程度の基礎知識を持った上で、留学中にたくさん英語を「使う」ことです。

例えば、日本語は使わず朝から晩まで英語を使う人もいます。バイトをしたり、現地の人と交流するのもいいでしょう。

逆に伸びないパターンは、事前学習をせず英語力はほぼ0、留学中も自分から英語を使う機会を作らないなどです。

例えば、1日中家に引きこもるか、日本に居てもできるようなことしかやらない人もいます。

留学が「英語力を効果的に上げる選択肢の1つ」なのは間違いありませんが、それを活かすも殺すのもその人次第と言えます。

なので大事なのは「英語を使う機会を積極的に作る」ことです。

英語学習において最も大切なこと2つ

ここまで、「英語学習初心者によくある勘違い3選」を見てきました。これらを踏まえて、「英語学習において最も大切なこと2つ」を解説していきます。

英語学習において最も大切なこと2つ

  1. 主体的に学ぶ
  2. 長期的にモチベーションを持つ

主体的に学ぶ

1つ目は主体的に学ぶことです。

なぜなら受動的に学んでいてはいつまで経っても英語力は伸びないからです。

現在オンライン英会話、英語学習アプリ、英語コーチングなど、たくさんの英語学習サービスが存在します。全て英語力を伸ばすためには有効な手段であることは間違い無いです。

しかし、それらをただ受けているだけではダメで、自分自身で主体的に予習・復習に取り組むことで英語力は伸びていきます。

なのでどれだけ主体的に学習時間と質を高めていけるかが英語学習において鍵になります。

長期的にモチベーションを持つ

2つ目は長期的にモチベーションを持つことです。

なぜなら、英語を習得するために数年単位の長い時間がかかるからです。

私自身英語がある程度使えるようになったと感じたのは英語学習を始めて約1年半くらいの時でした。現在英語学習歴3年でコミュニケーションに問題はありませんが、まだまだ知らないことたくさんあります。もっと英語力を高めていくには数十年の期間かかると思っています。

こうした長期間の学習を継続するためにもモチベーションは不可欠なのです。

主体的に、長期間モチベーションを持って英語学習を進めよう!

上記で紹介した「英語学習において最も大切なこと2つ」を理解していただければ、英語学習の本質が分かり、今後の学習を効率よく進めていくことができるでしょう!

最後にもう一度でに内容を確認しましょう。

英語学習において最も大切なこと2つ

  1. 主体的に学ぶ
  2. 長期的にモチベーションを持つ

最初はなかなか主体的に学習するのは難しいかもしれません。しかし、続けていくうちに英語力が伸びてきて楽しくなってくれば、さらに主体的に取り組めるよになり、モチベーションも保てるようになるはずです。

上記の内容を理解した後は、本格的に英語学習を開始しましょう!具体的な方法は以下の記事で解説しているので目を通してみてください1

完全英語初心者に読んでほしい10記事|英語学習の始め方