Linux初心者が覚えるべきコマンド10選

IT

こんにちは、Marcosです。

仕事ではLinuxを使ったサーバー構築に関わっています。

下記のツイートをしました。

https://twitter.com/Marcos22095632/status/1354023312414806016

Linuxの勉強を始めたから、基本的なコマンドを知りたい。

上記の悩みを抱えるLinux初心者の方向けです。

この記事で紹介するLinuxの基本コマンドを使いこなせるようになれば実際の業務ではある程度ついていけるようになります。

なぜなら、実際にLinuxでのサーバー構築に関わっている私が最初に覚えたコマンドだからです。

この記事ではLinuxの基本コマンドを紹介します。

この記事を読み終えると、Linuxの基本コマンドを身につけ、実際の業務でも活かせるようになるはずです。

Linux初心者が覚えるべきコマンド10選

繰り返しになりますが、結論から言うと以下の通り

Linux初心者が覚えるべきコマンド10選

  1. pwd 現在ディレクトリ確認
  2. cd 階層移動
  3. ls ファイル表示
  4. touch ファイル作成
  5. cp ファイルのコピー
  6. mv ファイルの移動
  7. rm ファイル削除
  8. mkdir ディレクトリ作成
  9. cat ファイル内容出力
  10. wc ワードカウント

1つ1つ解説していきます。

pwd 現在ディレクトリ確認

pwdはカレントディレクトリを表示するコマンドです。

カレントディレクトリとはWindowsでいう今自分が開いているファイルの場所のことですね。

いつ何のために使うのかと言うと、基本的にはディレクトリ移動した直後に使います。

なぜなら、設定を入れるためのディレクトリが正しいか確かめるためです。

pwdをせずに設定を入れてしまって、実はディレクトリが間違っていたとなったらシステムに影響を与えてしまい問題になってしまうので必ずpwdをするように心がけましょう。

cd 階層移動

cdは指定されたディレクトリに移動するコマンドです。

cd {オプション} {ディレクトリ}

主な使い方は以下の通り

/home ディレクトリに移動する

cd /home

ホームディレクトリに移動する

cd

1つ前のカレントディレクトリに移動する

cd –

1つ上のディレクトリへ移動する

cd ..

ls ファイル表示

ls {オプション} {ファイル名orディレクトリ}

オプション

  • -A 「.」で始まるファイル名のファイルも表示する
  • -d ディレクトリ自体の情報を表示する
  • -l 詳細に表示する
  • -t タイムスタンプでソートする

/etcディレクトリ内のファイル一覧を表示する

ls /etc

/etcディレクトリ自体の情報を表示する

ls -ld /etc

ホームディレクトリ内のファイル一覧を全て表示する

ls -A

使うタイミング

lsコマンドは基本的にファイルを作成・コピーする前と後に使用します。

なぜなら、作成・コピーがしっかり実行されているかを確認するためです。

実行前にはできていなかったファイルが実行後に確認できれば実行完了ですね。

何か設定をする際には絶対に使うコマンドなので必ず覚えておきましょう。

touch ファイル作成

touch {ファイル名}

何かファイルを新規作成する際はtouchコマンドを使用します。

cp ファイルのコピー

cpはファイルやディレクトリをコピーするコマンドです。

cp コピー元 コピー先

httpd.confファイルをhttpd.coanf.oldというファイル名でコピーする

cp httpd.conf https.conf.old

/etc/hostsファイルをカレントディレクトリに同じファイル名でコピーする

cp /etc/hosts .

dataディレクトリを/tmpディレクトリ内にコピーする

cp -r data /tmp

mv ファイルの移動

mvはファイルを移動するためのコマンドです。

mv 移動元 移動先

data.logファイルを/tmpディレクトリに移動する

mv data.log /tmp

またファイル名の変更をすることもできます。

mv 元ファイル名 新ファイル名

ファイルdata.logの名前をold.data.logに変更する

mv data.log old.data.log

実際の業務ではシステムに影響を与える可能性のあるコマンドなので、実行前に確認者とダブルチェックを行い実行するのがなので覚えておきましょう。

rm ファイル削除

rm ファイル名・ディレクトリ名

オプション

  • -r ディレクトリを削除する
  • -f 削除してよいか確認しないで削除する
  • -i 削除してよいか確認する

data.logファイルを削除する

rm data.log

dataディレクトリとその中のファイルを削除する

rm -r data

dataディレクトリとその中のファイルを確認なしで削除する

rm -rf data

こちらも実際の業務ではシステムに影響を与える可能性のあるコマンドなので確認者に確認をとった上で実行しましょう。

mkdir ディレクトリ作成

mkdirはディレクトリを作成するためのコマンドです。

mkdir ディレクトリ名

オプション

  • -m アクセス権を指定する

dataディレクトリを作成する

mkdir data

dataディレクトリをアクセス権700で作成する

mkdir -m 700 data

こちらも実際の業務ではシステムに影響を与える可能性のあるコマンドなので確認者に確認をとった上で実行しましょう。

cat ファイル内容出力

catはテキストファイルの内容を表示するコマンドです。

cat ファイル名

data.logファイルの内容を表示する

cat data.log

wc ワードカウント

wcコマンドはファイル内のテキストの大きさを表示するコマンドです。

wc ファイル名

data.logファイルの大きさを確認する

wc data.log

まとめ

Linux初心者が覚えるべきコマンド10選

  1. pwd 現在ディレクトリ確認
  2. cd 階層移動
  3. ls ファイル表示
  4. touch ファイル作成
  5. cp ファイルのコピー
  6. mv ファイルの移動
  7. rm ファイル削除
  8. mkdir ディレクトリ作成
  9. cat ファイル内容出力
  10. wc ワードカウント

初心者の方はとりあえずこの10コマンドを抑えておけばOKです。

あとは業務や自分でLinux環境を構築し実践でどんどん使って覚えていきましょう!