たった3ステップでネイティブ並の英語の発音をマスターする方法【TOEIC955点が実践】

English
英語の発音を良くしてネイティブのような発音で英語を喋れるようになりたい。英語の発音をネイティブ並にする方法を教えて!

以上の悩みを抱えている英語学習初心者の悩みを解決できる記事になっています。

なぜならこれから紹介する「英語の発音をネイティブ並みにする方法」実践したことで、私自身ゴリゴリのジャパニーズイングリッシュから、今では「英語圏のどこかで長期間滞在してた?」と言われるほど、発音がよくなったからです。

ちなみにこの記事を書いている私は英語学習歴3年でTOEIC955点を取得しています。フィリピンに留学経験もあり、発音にはかなり自信があるので少しでもみなさんの参考になればと思います。

記事前半では「発音が良くならない理由」を解説し、記事後半では「発音をネイティブ並みにする方法」を解説します。

この記事を読み終えると、「発音の練習方法」が理解できるので、ひたすら練習を積むことでかなり発音が良くなっていくでしょう。

発音が良くならない原因は1つ

 

フォニックスを理解していないから

 

発音に悩んでいる人の多くがフォニックスを理解せず、独学、もしくは日本語のカタカナの音でそのまま英語を発音していることがほとんどです。

そもそもフォニックスとは、発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法で、もともと英語圏の子どもたちに読み書きを教えるためのものです。 その音を出すため正しい口の動かし方や舌の位置まで学べます。

日本の英語教育ではフォニックスは習わず、スピーキングには全く焦点が当てられてないため、ほとんどの日本人は正しい発音の仕方が分からない状態です。

なのでまずは英語と日本語では音は完全に違うことを理解し、英語の正しい音を学習していきましょう。

フォニックスを勉強しよう。

 

発音をよくする第一歩としてまずはフォニックスを勉強しましょう。

なぜなら、フォニックスを勉強することでまず。それぞれのアルファベットの音を理解でき、正しい発音ができるようになるからです。

その音を出すため正しい口の動かし方や舌の位置まで学ぶことでネイティブに近づけるようになります。

実際に私もフィリピン留学中にフォニックスを学び、発音矯正クラスを毎日3ヶ月取り続けた結果、留学前と見違えるほど発音が改善されました。

フォニックスを学んだととで、英語の音が前よりも聞き取れるようになり、リスニングも同時に上げることもできたので、勉強する以外の選択肢はないと思います。

ではここからは実際に「発音をネイティブ並みにする方法3ステップ」を紹介していきます。

発音をネイティブ並みにする方法3ステップ


  1. フォニックスを覚える
  2. ひたすら練習する
  3. オンライン英会話で実践
  4. 番外編:Netflix

フォニックスを覚える

まずは参考書や動画を使ってフォニックスの基礎から学習しましょう。

私は実際に以下の教材を使用して、フォニックスの学習をしました。

<初級編(基礎を学びたい方)>

以下3冊で基本的な発音、イントネーションが学べます。この3冊がマスターし終えた頃にはあなたの発音がは見違えるほど変わっているでしょう。

さらに発音の知識を深めたい方は以下の1冊と発音講座がおすすめ。
Mastering the American Accent

全て英語ですが、抵抗のない方には良書。

上記3冊より圧倒的詳しく体系的に発音からイントネーション、音の脱落まで学べます。

興味のある方はチャレンジしてみて下さい。

Atsueigoさんの発音講座

発音の全てを体系的に学べる最高の講座です。自分もこの講座を受けてみて自分の頭の中で漠然とイメージとしてあったものが、理解に落とし込むことができて発音のレベルが上がったことを実感しました。

ひたすら練習する

フォニックスを学習し、正しい口の動かし方、舌の位置などを理解した後は、ひたすら練習あるのみです。

このままではまだまだ発音が上手くなったとは言えないでしょう。

なぜなら頭で理解しただけで、実際にできるようになったわけではないからですね。

サッカーで言ったらシュートのやり方は本や動画をみてわかったけど、実際にはまだできない状態ですね。

多くの人がフォニックスを学習した段階で満足し、ここの練習のフェーズを疎かにしてしまうのですが、非常にもったいないです。

この練習のフェーズは確かに退屈で、地味なのですが、1番大切なフェーズと言っても過言ではないので口の筋肉が筋肉痛になるまでやり続けて下さい。

とても辛かったのを覚えてますが、実際に私も留学中は1日3時間くらいは発音の練習に費やしていました。

練習の方法ですが、先程の参考書を例文を使用して行いましょう。

  • 音声を聞く
  • 発音する
  • 30回繰り返す

最低でも1つの例文につき30回は繰り返しましょう。30回ほど繰り返すと、口がどんどんなれてきて少しずつ上手くいえるようになってくると思います。

ここが耐え時です!!頑張りましょう!

オンライン英会話で実践

例文が完璧な発音で言えるようになったら、仕上げに実践でアウトプットしましょう!

全ては実際の会話で通じるかどうかが大事なので、練習したこと実践に移し、さらに磨きをかけることが必要になってくるからです。

練習では完璧に言えていても、実際の会話の中ではあまり上手く言えないこともあるので、出来れば先生からフィードバックをもらえると最高です。

私は留学中、他の授業や先生との日常会話などでかなりのアウトプットの機会をたくさんありましたが、日本にいるみなさんはなかなか機会を作れないと思います。

なのでオンライン英会話をまだ始めていない人がいるのであれば、今すぐ始めましょう。

月6000円ほどで毎日英会話の機会を手に入れることができる最高のツールです。英会話教室や留学に行こうとする何十万とかかるところを圧倒的なコスパで英語を喋るようになるので全人類におすすめです。

おすすめのオンライン英会話を以下の記事で紹介しているのでまだ始めていない人はぜひ始めてみましょう!

TOIEC955点が紹介!おすすめオンライン英会話6社比較

番外編:Netflix

番外編となりますが、もし上記3ステップに慣れてきた人は、Netflixで好きな洋画やドラマを利用して、シャードーイングをしてみましょう!

なぜならNetflixはネイティブの自然な英語の宝庫で、まさに発音やイントネーションを磨き上げるのに最適なツールだからです。

実際に私も毎日Netflixを使ってシャードーイングをしていますが、イントネーションはかなり上達しました。使えそうなフレーズをピックアップして何回も練習するのがおすすめです。

参考書の例文をより実践的なので、楽しいはずです。

またYouTubeなどで好きな海外YouTuberの動画でシャドーイングするのもおすすめです!

ただこの学習法はフォニックスをしっかり学習し、練習を積んでからじゃないとあまり効果がないので、まずはしっかり基礎を固めましょう。

具体的なNetflixを使っての学習法は以下の記事で詳しく解説しております。

TOEIC955点がNetflixを使った英語勉強法について解説します

【2020年最新版】Netflixで英語学習におすすめなドラマ4選+頻出フレーズも紹介

フォニックスを学んでネイティブ並みの発音を目指そう。

上記で紹介した「発音をネイティブ並みにする方法3ステップ」を実践していただくと、今後は発音で悩むことがなくなり、ネイティブの英語に近づくことができます。

最後にもう一度でに内容を確認しましょう。

発音をネイティブ並みにする方法3ステップ

  1. フォニックスを覚える
  2. ひたすら練習する
  3. オンライン英会話で実践
  4. 番外編:Netflix
最初は頭の中では理解していても、なかなか上手く発音できないかと思いますが、正しい口の動かし方・舌の位置を意識し、音声をしっかり聞いて何度も何度も繰り返し、練習して下さい。

そうすれば口がどんどん英語に慣れてきて、それほど意識しなくても正しいネイティブに近い発音ができるようになってきます。

上記の内容を実践した後は、スピーキング力をさらに高めるために「正しい音読の仕方」も学ぶ必要があります。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。

 

【事実】英語の音読は〇〇を意識しない意味ない。効果の出ない音読の特徴5つ