20代のうちに読むべき人生を豊かにする本まとめ【年間100冊読む僕が紹介】

Self-development
20代のうちに読むべき本を教えて欲しい!

以上の悩みを抱えている20代前半の方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら「20代のうちに読むべきおすすめ書籍」を読んだことで私自身の人生が変わったと言っても過言ではないからです。

記事前半では「読書をするべき理由3つ」を解説し、記事後半では「20代のうちに読むべきおすすめ書籍」を解説します。

この記事を読み終えると、あなたの人生を変えてくれる本に出会えるかもしれません。

読書をするべき理由3つ

  1. 視野が広がる
  2. 新しい知識の入手
  3. 人生の選択肢が増加

視野が広がる

読書をすることで圧倒的に視野が広がります。

なぜなら世の中の成功している超優秀なすごい人たちが死ぬほど努力して手に入れた経験、知識をたった数千円、数時間で知ることが出来るからです。。

世の中のことをほとんど知らないい自分の自己流でやるより、すでに成功している人たちを真似した方が圧倒的に効率がいいですよね。

読書をしない選択肢はないと思ってます。

新しい知識の入手

当然ですが、読書をすることで新しい知識を手に入れることができます。

なぜ新しい知識を常にアップデートすること大事かというと、

現在時代の変化が早く、今まで学校で学んできた知識がものすごい勢いで時代遅れになっていく可能性が高いからです。

このような世の中で生き残っていくためには、自分が過去に学んだ知識をどんどん償却しながら、新しい知識をアップデートしていく必要があります。

そのためにも読書は欠かせない手段になってきます。

人生の選択肢が増加

読書をすることで人生の選択肢が圧倒的に増加します。

なぜなら今まで自分が知らなかったこと、つまり選択肢になかったことを知ることができるからです。

本を読むことで「こういう生き方、考え方もあるんだ」などたくさんのインスピレーションを受けます。

また今の時代すごい勢いでイノベーションが起きているため、今自分の専門領域がそれによって消滅してしまう可能性があります。

例えばアップルがスマートフォン市場に参入したおかげで、たくさんの国内携帯電話メーカーが市場の撤退を余儀なくされました。

その際に自分の専門領域や分野を変更することになるわけですが、読書によって勉強の習慣がある人はこのような変化にもスムーズに対応できるのではないでしょうか。

読書をしているか、していないかで大きな差が生まれるでしょう。

20代のうちに読むべきおすすめ書籍

考え方

マーケティング

 

 

 

読書をするべき理由は下記の通り

  1. 視野が広がる
  2. 新しい知識の入手
  3. 人生の選択肢が増加

 

無理してたくさんの本を読む必要はないので、自分に合う良書を読んで、得た知識を行動に移しましょう。